鍼灸・整体・整骨院向け 電子カルテ「リピクル」

鍼灸・整体・整骨院事業者 の声から生まれたリピクルが、
施術管理・顧客データ管理・集客施策管理など事業者様が悩める
日々の経営の課題をオールインワンで解決いたします。

鍼灸整骨院

2024年3月11日

エステサロンのSNS集客の方法は?売り上げにつながるコツも解説!

エステ

SNSが普及している現代において、SNSを利用した集客方法は効果が期待できます。そのため、自身の店舗でSNS集客を導入しようと考えている人は多いのではないでしょうか。
しかし、SNSにはさまざまな種類があり、特徴をおさえて運用しないと効果が得られません。
そこで本記事では、エステサロンのSNS集客方法と運用するためのコツについて解説します。この記事を参考にして、SNS集客を成功させましょう。

ヘルスケア領域に特化した電子カルテ『リピクル』
Web予約〜会計〜予約表の管理まで一括で管理できる店舗運営のパートナーツール
⇒リピクルの資料を見てみたい

エステサロンの顧客管理方法について解説!詳しくはこちら↓

エステサロンにおすすめの顧客管理システム7選!顧客管理ソフトの導入メリットとデメリット

エステサロンでできるSNS集客

接骨院 整骨院 開業資金 広告宣伝費

エステサロンでできるSNS集客には、下記4つの方法があります。

  • インスタグラム(Instagram)
  • Twitter(X)
  • Facebook
  • TikTok

基本的に無料で始められ、取り組みやすい内容ばかりなので、それぞれについて詳しく解説します。

インスタグラム(Instagram)

全年代で利用率が増加しているインスタグラム(Instagram)は、年代問わず多くの人に見てもらえる集客方法です。インスタグラム(Instagram)は、写真や動画を投稿できるSNSです。
投稿時に関連するハッシュタグをつけると、検索結果に反映されたり、興味関心が強い顧客の発見欄に表示されたりします。
投稿内容やハッシュタグは工夫する必要がありますが、ファンがつけば集客アップが見込めます。

Twitter(X)

Twitter(X)は、SNSの中でも一番拡散されやすいので、たくさんの人に店舗情報が届きます。このため、キャンペーン情報やエステサロンならではの役立つ情報などを発信することが可能です。
文字数に制限があるので、伝えたいことを簡潔にまとめる必要があります。また、人目つく投稿をするためには、毎日投稿して改善を繰り返していかなければいけません。多くの人に拡散してもらうために、毎日コツコツ投稿を続けるのが大切です。

Facebook

Facebookは、不特定多数に向けた発信ではなく、知人や友人を通して集客する方法です。知人や友人を介して店舗情報が伝わるので、他の方法よりも信頼性が高く、来店ハードルが下がります。毎日投稿をするとお客様が離れてしまうので、定期的に投稿するようにしましょう。
投稿内容は、メニューのこだわりやオーナーやスタッフとしての思いなど、親近感のわく内容だとより効果を期待できます。

TikTok

TikTokは、短い動画を投稿するSNSで、10代〜20代の集客に効果的な方法です。TikTokで集客している企業やサロンはまだ少ないので、投稿が埋もれにくいです。動画だと施術の様子や店舗の雰囲気などが伝わりやすいので、安心感を与えられます。動画編集が難しいと思うかもしれませんが、アプリ内の音源に合わせて撮影をすれば良いので、簡単に実施できます。


ヘルスケア領域に特化した電子カルテ
膨大な量の紙の管理にお困りですか?
リピクルならWeb問診票で来院前に顧客情報の自動登録!

  • 店舗運営に必要な機能は一つにまとめたい
  • 非効率な運用オペレーションを改善したい
  • 紙などのアナログ管理をなくしたい
  • 人に依存しない業務フローにしたい
  • スタッフの業務負担を削減したい
    ⇒資料のダウンロードはこちらから

エステサロンはインスタグラム(Instagram)と相性がいい

4つのSNS集客方法を説明しましたが、中でもインスタグラム(Instagram)はエステサロンと相性のいい集客方法です。エステサロンとインスタグラム(Instagram)が相性のいい理由は以下の3つが挙げられます。

  • エステサロンの利用者層と重なっている
  • 写真や動画を使ってアピールできる
  • 基本的に無料で使用できる

店舗のインスタグラム(Instagram)として運用するため、作り込むことで集客に繋がるので、順に解説します。

エステサロン利用者の利用率が高い

エステサロンとインスタグラム(Instagram)の相性がいいのは、エステサロン利用者とインスタグラム(Instagram)の利用率が高い年代が合っているからです。
インスタグラム(Instagram)は10代〜30代で60%以上、40代〜50代で40%以上と高い利用率を誇っています。店舗の特徴にもよりますが、エステサロンも10代〜50代のお客様が多い傾向にあります。
このように、顧客の多くがインスタグラム(Instagram)を使っているので、ターゲット層に店舗情報が届きやすく、集客効果が見込めます。

写真や動画でアピールできる

写真や動画がメインのインスタグラム(Instagram)は、エステサロンの魅力をアピールしやすいため相性が良いです。他媒体では文字がメインで、エステサロンの魅力や雰囲気が伝わりにくいでしょう。
しかし、写真や動画だとお店の雰囲気やスタッフの人柄、施術内容など、目で見て確認できるので安心感に繋がります。
さらに、来店前後のギャップが少なくなりリピート率の向上に繋がる可能性があります。

基本無料で使える

無料で使える点も、エステサロンと相性のいいポイントです。インスタグラム(Instagram)に広告を載せると費用がかかりますが、投稿するだけであれば無料で利用できます。このため、スマートフォン1台あれば始められるので、気軽に運用できます。
さらに、エステサロンを個人でやっている人にとっては、集客に費用がかからないのは大きなポイントになるはずです。
ビジネスアカウントなども無料で使えるので、集客に活用しない手はありません。

インスタグラム(Instagram)運用するために押さえたいポイント

ポイント

インスタグラム(Instagram)を運用するために、押さえたいポイントが5つあります。

  • ビジネスアカウントに切り替える
  • プロフィールを作成する
  • 投稿に統一感を出す
  • ハッシュタグをつける
  • ジオタグをつける

ポイントを押さえると、より多くの人に見てもらえるようになります。最初の設定が肝心ですので、それぞれ詳しく解説します。

ビジネスアカウントに切り替える

エステサロンの集客にインスタグラム(Instagram)を利用するときは、ビジネスアカウントに切り替えます。ビジネスアカウントには、分析機能や投稿の予約機能、プロフィールのカスタマイズなど、集客に役立つ機能が備わっているからです。
特にプロフィールに住所や予約フォームを掲載できるのは、予約率を上げるための重要な機能です。
予約までの工程が多いと離脱率が高くなりますが、この機能を使えば手間なく予約できるので、来店確率が高くなります。

プロフィールを作成する

利用者がアカウントを見にきたときに最初に目にする場所であるプロフィールは、来店を判断する重要な要素なので、力を入れて作成しましょう。ターゲット層に刺さらないプロフィールだと、すぐに離脱されてしまい集客が見込めないためです。
例えば、お店のコンセプトが一目でわかるようなプロフィール文にする、店舗の場所や予約フォームを載せるなどの方法があります。
一瞬で心をつかむようなプロフィールを作成することが大切です。

投稿に統一感を出す

投稿に統一感を出すことも、集客に繋げるために大切なポイントです。投稿がバラバラだと、何をしているお店なのか利用者に伝わりづらく、来店に繋がりません。さらに、発見欄(関連性の高い投稿をリストアップすること)にも表示されにくくなります。
これらを防ぐために、お店のコンセプトや雰囲気に合った内容やデザインで統一感を出します。統一感を出すことで、「〇〇なエステサロン」だと認識してもらいやすくなり、独自性を生み出せます。

ハッシュタグをつける

投稿には必ずハッシュタグをつけるようにします。ハッシュタグとは、「#〇〇」で表され、投稿内容に関連したキーワードをつけることで、どんな投稿なのか認識してもらう役割があります。
ハッシュタグをつけることで、多くのユーザーの目に投稿が届く可能性が高くなり、認知度アップに繋がります。

ジオタグをつける

インスタグラム(Instagram)を運用する上で、投稿にジオタグをつけることも忘れてはいけません。ジオタグとは位置情報のことです。インスタグラム(Instagram)を利用する人の中には、位置情報から検索をする人もいて、検索結果にヒットしやすくなるためです。
店舗のエリアで「エステサロン」と検索したときに、ジオタグがあるとユーザーに発見してもらいやすくなります。

インスタグラム(Instagram)の投稿内容

SNS 宣伝 集客

インスタグラム(Instagram)で集客するとき、投稿内容は重要になります。施術に関する情報はもちろんのこと、以下のような内容を意識して投稿すると効果的です。

  • エステサロンに関する投稿
  • 利用者のお悩みを解決する内容
  • 店舗の周辺情報

投稿を通じてサロンの利用者に、「このエステサロンに行きたい」と思ってもらえるよう、集客効果をアップさせる投稿内容について解説します。

エステサロンに関する投稿

エステサロンに関する投稿は、認知度アップに繋がるので大切です。認知度がアップすれば、それだけ予約してもらえる確率が高くなるからです。
エステサロンに関する投稿の例として、メニュー詳細や実際の施術動画、キャンペーン情報、店舗紹介などの投稿があります。
これらの投稿をすることで、自店を知ってもらう機会が増やせるため集客を期待できます。

お悩み解決系の投稿

自分の悩みを解決してくれる内容は、集客に活用できます。ユーザーの興味関心が高く、1度だけでなく何度も見返してもらえる可能性があり、記憶に残りやすいからです。
例えば、ダイエット系であればカロリーの低い食べ物などを、美容系であればスキンケア方法などの投稿があります。お悩み解決系の投稿は、悩みを抱えた多くの人に届きやすく、お店を知ってもらうチャンスになります。

お店の周辺情報

お店の周辺情報を載せることも、集客効果が期待できます。エステサロンだけだと億劫になりがちですが、近隣エリアでも楽しめることがわかれば、足を伸ばそうと思えるからです。投稿内容の一例は、街のおしゃれなカフェやおすすめのスポットなどがあります。
一見お店と関係ないと思うかもしれませんが、エステサロンには関心がなかった人の目にもとまりやすくなるので、周辺情報の投稿も有効な集客方法です。

エステサロンでSNSを継続するには

エステサロンでSNSを継続するには、以下のような方法があります。

  • 自店舗ならではの情報を発信する
  • 季節ごとの投稿内容を考える
  • 近くのサロンを参考にする
  • トレンドを参考にする

投稿を継続すると、より多くの人に見てもらえる機会が増えます。SNS投稿で継続しやすくなるよう、順に解説します。

自店舗ならではの情報を発信する

SNSを継続させるためには、自店舗ならではの情報を発信することが有効です。独自性のある情報は、店舗のオーナーやスタッフだからこそ発信できるからです。独自性のある投稿には、自店舗でしか体験できないメニューやキャンペーンなどが挙げられます。オーナーやスタッフの人柄がわかるような投稿も、他店との差別化が図れます。
これらの内容は継続できるだけでなく、オリジナリティが溢れているのでお客様の心に刺さりやすく集客も期待できます。

季節ごとの投稿を考える

季節ごとの投稿は、ネタ切れを防ぐために効果的です。SNS投稿を続けていくと、徐々に投稿する内容が少なくなってきて、継続するのが苦しくなってくるからです。
例えば、季節ごとの肌や体調の変化に合わせた内容や、季節のイベントに合わせたキャンペーンなどを取り入れます。このように、季節ごとの投稿を取り入れると投稿を継続しやすくなります。

近くのサロンを参考にする

近くのサロンの投稿を参考にすることも、継続するために大切なポイントです。他店を参考にすることで、新しい発想が得られてワンパターン化するのを防げるからです。他店や人気の投稿を分析し、生かせる部分は取り入れることでクオリティの高い投稿が作成できるようになります。
質の高い投稿が作れるようになると、検索結果や発見欄に表示されやすくなり集客効果が高くなります。

トレンドを参考にする

SNS投稿を継続するために、トレンドを参考にするのも1つの方法です。トレンドは一時的ですが、注目度が高く、入れ替わりが激しいので、参考になります。
例えば、流行りの美容法や新商品など、話題になっているうちに投稿するとネタ切れ対策になります。トレンドは最新情報が欲しい方にも受け入れられやすいので、エステサロンとマッチするのがあれば積極的な活用が効果的です。

SNSを活用してエステサロンの集客に繋げよう

マッサージ

本記事では、エステサロンのSNS集客方法や相性のいいインスタグラム(Instagram)の運用方法、SNSを継続するコツについて解説しました。SNSは多くの人が利用しているため、うまく運用できれば集客が期待できます。
しかし、ただ投稿するだけでは効果が得られません。
集客効果を得るためには、各SNSの特徴を理解して継続していくことが大切です。SNSを運用してお客様を獲得したい方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい記事はこちら↓

エステサロンの効果的な集客方法9選!うまくいかない理由と成功するためのポイント

【WEB予約から顧客カルテまで一元管理】
400店舗での導入実績の電子カルテでオンライン問診票で来院前に顧客情報の自動登録
⇒資料のダウンロードはこちらから